八女茶製造元 岩崎園製茶

八女茶の種類

お茶の種類

種類煎茶

旨味と渋みのバランスが良く、清涼感のある後味が特徴の一般的なお茶です。
70度程度のお湯で淹れていただくと、丁度よく風味が抽出できます。

種類深蒸し

普通のお茶よりも長い時間蒸すことで葉が柔らかくなるため、少し粉っぽく感じられますが、
渋みが少なく、甘くまろやかでコクのある味わいになることが特徴です。
80度ほどの熱いお湯でも渋くなりにくく、2煎目・3煎目でも美味しくいただけます。
また、葉が柔らかいので冷水でも風味が出易く、冷茶にもお勧めです。

種類玉露

茶の木に覆いを被せ、上質な柔らかい葉のみで作られます。
50~60℃ほどのお湯で淹れると特有の甘みと深み、香りが楽しめます。
新茶は5月下旬~6月上旬と、他のお茶よりも遅く収穫されます。

種類白折

くき茶。さっぱり・すっきりとした口当たりと風味です。
食事の際のお茶として人気があります。

種類粉茶

茶葉の崩れた細かい部分を集めた、粉状のお茶です。
挽いてはありませんので、淹れる際にはとくに網目の細かい急須が必要になりますが、
その分通常の茶葉よりも風味が出易いのが特徴です。
お湯はもちろん、冷茶にもお勧めです。

種類ほうじ

白折を強火で炒って香ばしさを引き出したお茶です。
緑茶に比べてカフェイン・タンニンがほとんどなく、小さなお子様やお食事にもお勧めです。

種類玄米

炒り玄米の香ばしさと煎茶のさっぱり感がマッチしたお茶です。
脂っぽいお食事のあとには特にピッタリです。

種類秘蔵

5月の新茶を冷凍貯蔵し、しばらくの間寝かせてから仕上げたお茶です。
熟成することで、非常にまろやかで甘みのある風味が引き立ちます。
当園では、煎茶と深蒸し茶の間の蒸し加減で作っていますので、
どちらがお好きな方でも楽しんでいただける人気の高いお茶です。
9月~翌年4月までの期間限定。


葉アイコン 【価格帯について…】 お値段の差は、茶葉の質の差によるものです。
 若い芽ほど質が良く、甘味が強く、渋みが少ないといわれています。

お試し(サイド用) 深むしティーバッグ(サイド用) 抹茶入り玄米茶(サイド用) 季節限定茶(サイド冬用) 100g×6袋まで メール便
150円 13,500円以上(一箇所)でポイント3倍! お茶の種類小 送料改訂ミニ リニューアルお知らせ(サイド) モバイルサイト

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

月~土:9~18時
定休日:日曜・祝日
(ゴールデンウィークを除く)

ページトップへ